リフォームで作る新しい空間

リフォームの魅力

リフォームをして快適な住まいづくりを

リフォームをして快適な住まいづくりを 住宅をリフォームすると様々な利点があります。
まず何より快適になるということです。
住宅のリフォームは、居室やトイレ、浴室、キッチンなど様々な場所で行います。
居室は、壁紙を貼り替えたり床材を替えたりしてリフレッシュすることで部屋のイメージが変わって気分転換になります。
床材を取り換える際に床暖房設備を設置しておけば、寒い冬でも快適です。
トイレは最新式のものを設置しますと、ウォシュレットや便座暖房機能は当然のことながら、節水機能や自動で蓋が開閉するものまであり、従来のトイレとは比べ物にならないくらい快適です。
そして、リフォームの効果が最も顕著に出るのが浴室です。
最新式の浴室になりますと、浴室乾燥機能や浴室暖房機能、それに浴室床暖房機能が搭載されています。
これだけの機能が備わていますので、風呂に入る際に気持ちがいいだけでなく、雨の日や夜間に洗濯物を干すことが出来るという便利な側面もあります。
このように、住宅をリフォームすることで、快適になるだけでなく、実は資産価値を高めることも出来るのです。

リフォームでバリアフリーにした家は本当に住みやすいか?

リフォームでバリアフリーにした家は本当に住みやすいか? 高齢者に適した住宅とも言われるバリアフリーは、リフォームでも実現することができます。
このバリアフリーですが、段差などを少なくしたり、力がなくても扉を開けられるようにしたりとさまざまな点で工夫がされています。
もちろんリフォームでもそのような変更を加えることはできますし、高齢者などが住みやすいように変えていくことはできます。
ただし階段などがある家では、スペースに余裕があるかどうかでもリフォームが適している場合と、そうでもない場合があります。
階段は緩やかで手すりがある方が基本的に昇降しやすくなりますが、手すりを漬ければスペースは狭くなります。
また急な階段を緩やかにすることはなかなか難しく、スペースにゆとりが必要になってきます。
リフォームを行ってバリアフリーにするためには、できるだけ実際の使い勝手も考えなければなりません。
高齢者が実際にいる場合には役立ちますが、若者ばかりであればバリアフリーの恩恵を感じることが少なくなるケースもあります。

新着情報

◎2023/03/02

情報を更新しました。
>マンションのリフォームにはいくらくらいの費用が掛かる
>リフォームに必要な日数について比較や検討をしてから業者を決めよう
>混同されやすいリフォームとリノベーションの違い
>できるだけ安く外観を変えるリフォームを行う際に使える資材
>古い住宅のお風呂を快適で省エネにするリフォームの方法

◎2018/6/14

建築の法律を意識する
の情報を更新しました。

◎2018/2/21

DIYでやるときの注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/27

キッチンは10万円でできる?
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

住宅のリフォームについて
の情報を更新しました。

◎2017/4/17

快適な住まい
の情報を更新しました。

「住まい リフォーム」
に関連するツイート
Twitter

おはようございます☔️ 気温が下がって寒暖差激しいので 体調管理気をつけてくださいね🥰 今日もお客様の住み良いをお手伝いするためにエーファイブ一同頑張ります! お住いでお困り事ご相談ください✨️

リフォームも新築も、プロセスが大切💓 住まいづくりの全体像がわかると、何から始めればいいのかわかりますよ😉

返信先:たねさん、おはようございます☕️ 家の平均寿命が人の平均寿命よりも短いなんて・・・・・・🤔 定期的なリフォームで大切な住まいを守らなければですね☺️

リフォームも新築も、プロセスが大切💓 住まいづくりの全体像がわかると、何から始めればいいのかわかりますよ😉

住まいの情報館D2ホールディングス 株式会社D2が家主の物件がやばいです。 1月に風呂が壊れて、コールセンターに連絡し、メーカーのサービスが来たまでは早かった。修理見積もりが来てから一変!住んでいるのに、リフォームを検討しているとか、まったく修理してくれません。どうしたら良いですか?