リフォームで作る新しい空間

建築の法律を意識する

建築の法律を意識する

建築の法律を意識する 家が古くなればリフォームして今の時代にあう家にするのが良いですが、それでも家を建てる時同様に、リフォームする時も建築の法律を意識してリフォームしなければならないものです。耐震性や隣との間隔、安全に使用できる資材かどうかも確認して行うようにしましょう。ですがそうしたリフォーム資材などは素人には分からないものです。
安全に使えるように見えても使えなかったりするものもありますから、安心して任せられる業者に依頼するようにもしましょう。また、壊したりする時にでる廃棄物などもちゃんと処理してくれる業者でないと困ります。ちゃんとリサイクルしたり適切な廃棄処分できる業者でないと不法投棄の問題に巻き込まれてしまうこともあります。古い家や空間が美しく仕上がったとしてもそうした見えない部分にもきちんと手を抜かない業者選びをすることが大事です。地元の業者だけでなく色々な口コミも見て選ぶようにしていくと良いでしょう。

建築関連法や条例に気を付けましょう

建築関連法や条例に気を付けましょう 大規模なリフォームを行う際には、その内容が建築関連法や地方条例に抵触していないかどうかを確認しておく必要があります。これらに違反した場合は罰則が科せられるだけでなく、家屋の耐久性や防火性、耐震性などの面で不備があれば、いざという時に命にかかわる事態にもなるためです。
さらに、周囲に対する配慮の面でもリフォームに制限がかかることがあるため、この点においても注意が必要となります。もっとも、これらの問題点については、リフォームを申請する際に行政からの指導があるうえ健全な業者であれば、これらに対する配慮もあるため、必要以上に心配する必要はないと言えるでしょう。
しかし、法改正によって適法であった建築物が違法になってしまうという可能性があるという点には注意しなければなりません。この場合、その状態を維持するだけならば適用除外条項によって合法と見なされますが、この建物をリフォームする際には、現在の法律が適用されるため、違法となる部分まで改修しなければならなくなり、その分だけ費用が上乗せされてしまうためです。

新着情報

◎2023/03/02

情報を更新しました。
>マンションのリフォームにはいくらくらいの費用が掛かる
>リフォームに必要な日数について比較や検討をしてから業者を決めよう
>混同されやすいリフォームとリノベーションの違い
>できるだけ安く外観を変えるリフォームを行う際に使える資材
>古い住宅のお風呂を快適で省エネにするリフォームの方法

◎2018/6/14

建築の法律を意識する
の情報を更新しました。

◎2018/2/21

DIYでやるときの注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/27

キッチンは10万円でできる?
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

住宅のリフォームについて
の情報を更新しました。

◎2017/4/17

快適な住まい
の情報を更新しました。

「リフォーム 法」
に関連するツイート
Twitter

返信先:え? 砂壁放置・・・ リフォーム終わってないですやん・・ テラスに相談する❓ あとは旦那さん次第ですね😓

【解決実績】リフォーム会社の依頼を受けて、特定商取引法、割賦販売、改正民法等を反映したリフォーム工事契約書をサポートした事例 👉

返信先:他2学部卒で憲法を持ち出す殿下です。 結婚などの自由だけでなく、一個の人間として親の財産相続は子に平等と主張なさる筈。 正倉院ほか重文や各地に残る皇宮林など宮内庁の管轄管理ですが、尚蔵館や宝飾品など皇室所蔵資産を計算で要求なさると拝察。 リフォーム費その他で100億程軽く計上出来そう。

返信先:他2豪邸と東大は即位を諦める交換条件ではと思っています。 学部卒の殿下ならこそ、憲法で守られた「相続に男女差別なし」もご承知の筈なので。 豪華リフォームは、憲法で守られた一個の人間なんだから兄弟としての財産分与をと仰ってそう。 赤坂宮邸は将来「秋篠宮記念鳥類博物館」では?

むしろDIYで壁リフォームしてコンセントタップを埋め込んでもには触れないと思う もちろんコンセント式でね