リフォームで作る新しい空間

建築の法律を意識する

建築の法律を意識する

建築の法律を意識する 家が古くなればリフォームして今の時代にあう家にするのが良いですが、それでも家を建てる時同様に、リフォームする時も建築の法律を意識してリフォームしなければならないものです。耐震性や隣との間隔、安全に使用できる資材かどうかも確認して行うようにしましょう。ですがそうしたリフォーム資材などは素人には分からないものです。
安全に使えるように見えても使えなかったりするものもありますから、安心して任せられる業者に依頼するようにもしましょう。また、壊したりする時にでる廃棄物などもちゃんと処理してくれる業者でないと困ります。ちゃんとリサイクルしたり適切な廃棄処分できる業者でないと不法投棄の問題に巻き込まれてしまうこともあります。古い家や空間が美しく仕上がったとしてもそうした見えない部分にもきちんと手を抜かない業者選びをすることが大事です。地元の業者だけでなく色々な口コミも見て選ぶようにしていくと良いでしょう。

建築関連法や条例に気を付けましょう

建築関連法や条例に気を付けましょう 大規模なリフォームを行う際には、その内容が建築関連法や地方条例に抵触していないかどうかを確認しておく必要があります。これらに違反した場合は罰則が科せられるだけでなく、家屋の耐久性や防火性、耐震性などの面で不備があれば、いざという時に命にかかわる事態にもなるためです。
さらに、周囲に対する配慮の面でもリフォームに制限がかかることがあるため、この点においても注意が必要となります。もっとも、これらの問題点については、リフォームを申請する際に行政からの指導があるうえ健全な業者であれば、これらに対する配慮もあるため、必要以上に心配する必要はないと言えるでしょう。
しかし、法改正によって適法であった建築物が違法になってしまうという可能性があるという点には注意しなければなりません。この場合、その状態を維持するだけならば適用除外条項によって合法と見なされますが、この建物をリフォームする際には、現在の法律が適用されるため、違法となる部分まで改修しなければならなくなり、その分だけ費用が上乗せされてしまうためです。

新着情報

◎2023/03/02

情報を更新しました。
>マンションのリフォームにはいくらくらいの費用が掛かる
>リフォームに必要な日数について比較や検討をしてから業者を決めよう
>混同されやすいリフォームとリノベーションの違い
>できるだけ安く外観を変えるリフォームを行う際に使える資材
>古い住宅のお風呂を快適で省エネにするリフォームの方法

◎2018/6/14

建築の法律を意識する
の情報を更新しました。

◎2018/2/21

DIYでやるときの注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/27

キッチンは10万円でできる?
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

住宅のリフォームについて
の情報を更新しました。

◎2017/4/17

快適な住まい
の情報を更新しました。

「リフォーム 法」
に関連するツイート
Twitter

【解決実績】リフォーム会社の依頼を受けて、特定商取引法、割賦販売、改正民法等を反映したリフォーム工事契約書をサポートした事例 👉

🇫🇷の不動産事情。 気候変動対策・レジリエンスにより、エネルギー性能診断で断熱効率の低いレベルE,F,Gランクに該当する物件が段階的に賃貸禁止になり始めており インフレにより高まる工事費、そして急上昇しているローン金利のため、リフォームよりも売却に傾く投資家が多いのが現状。

【解決実績】リフォーム会社の依頼を受けて、特定商取引法、割賦販売、改正民法等を反映したリフォーム工事契約書をサポートした事例 👉

・銀 狼:『ホライゾン、何読んでますの? ──リフォーム研鑽? やる気ですわね……!?』

研究者による理論と弁護士による実務対応を示した最先端の消費者問題の解説書! 美容医療契約や定期購入契約、リフォーム工事請負契約をめぐる消費者被害などのテーマを取り上げ詳しく解説した『先端消費者問題研究[第3巻]』は好評発売中!